顔 脱毛

顔脱毛をして面倒臭いムダ毛処理から解放されませんか?

脱毛とほくろ

 

脱毛とほくろについて。
一般的に、脱毛は“黒いものに反応”する機器を使って行います。
そのため、たとえばシミや黒ずみであったり、ほくろなんかは、
脱毛できない部分として挙げられています。
よく、脱毛サロンの注意事項に記載されていますが、
ほくろの脱毛は一切できませんので、ほくろの脱毛を希望される方は、
ニードル脱毛をオススメします。

 

 

ほくろがあると、やはり黒いものですから、
光やレーザー脱毛ですと、光が反応し、熱を与えてしまいます。
そして、ダメージを与えてしまうので、
ひどい場合はやけどをしてしまうことがあると言われています。

 

 

 

では、ほくろがある場合、どのようにして脱毛をするのでしょうか?
うっかりほくろに照射してしまうこともあるのでは・・・?
安心して下さい。
脱毛の際、ほくろのある部分にはメンディングテープを使用し、
カバーします。
これにより、ほくろに熱を与えることなく、
脱毛することができます。

 

 

こういった理由から、色素沈着や日焼けがひどい状態での脱毛は不可となっています。
ほくろなら先ほどの方法で対処できますが、色素沈着はなかなか難しいところ。
長年カミソリで剃っていた場合、色素沈着を起こしている可能性が高いので、
スタッフときちんと話し合い、脱毛を検討しましょう。

脱毛による赤み

 

脱毛による赤みについて。
脱毛で、炎症やかゆみなど、
肌トラブルを起こす方は少なくありません。
このトラブルが心配で、脱毛を避ける方も多いはず・・・。
エステで綺麗に脱毛をしてもらいたいけれど、
赤みやかゆみなどのトラブルは避けたいですよね。

 

 

万が一赤みが起きた場合は、どう対処すれば良いのでしょうか?
まず1つは、冷たいタオルで冷やすこと。
エステなら、きちんと対処してくれますが、脱毛後、
しばらく赤みが続くようでしたら、自分で冷やしてあげましょう。
保冷剤などを使う場合は、厚めのタオルを巻いて使用して下さいね。

 

2つは、皮膚科で診てもらうこと。
何週間も赤みが続くようでしたら、
皮膚科で診てもらったほうが安心です。
また、この場合施術を受けたエステに問い合わせをしましょう。
きちんと対処してくれます。

 

 

 

湿疹などのない赤みなら、数日で治まる場合がありますが、
湿疹ができている場合は、対処できない場合があります。
毛嚢炎などになってしまうと、
さすがに皮膚科に行かなければ治すことはできません。
そして、万が一のトラブルは、
きちんとエステに問い合わせをしましょう。

 

薄毛だから無添加シャンプーを使おう!