顔 脱毛

顔脱毛をして面倒臭いムダ毛処理から解放されませんか?

脱毛とほくろ

 

脱毛とほくろについて。
一般的に、脱毛は“黒いものに反応”する機器を使って行います。
そのため、たとえばシミや黒ずみであったり、ほくろなんかは、
脱毛できない部分として挙げられています。
よく、脱毛サロンの注意事項に記載されていますが、
ほくろの脱毛は一切できませんので、ほくろの脱毛を希望される方は、
ニードル脱毛をオススメします。

 

 

ほくろがあると、やはり黒いものですから、
光やレーザー脱毛ですと、光が反応し、熱を与えてしまいます。
そして、ダメージを与えてしまうので、
ひどい場合はやけどをしてしまうことがあると言われています。

 

 

 

では、ほくろがある場合、どのようにして脱毛をするのでしょうか?
うっかりほくろに照射してしまうこともあるのでは・・・?
安心して下さい。
脱毛の際、ほくろのある部分にはメンディングテープを使用し、
カバーします。
これにより、ほくろに熱を与えることなく、
脱毛することができます。

 

 

こういった理由から、色素沈着や日焼けがひどい状態での脱毛は不可となっています。
ほくろなら先ほどの方法で対処できますが、色素沈着はなかなか難しいところ。
長年カミソリで剃っていた場合、色素沈着を起こしている可能性が高いので、
スタッフときちんと話し合い、脱毛を検討しましょう。